金属屋根と金属サイディングの施工店 昭和ルーフリモ株式会社
採用情報

施工管理 Morimotoさん

  1. トップ
  2. /
  3. 採用情報
  4. /
  5. 社員インタビュー
  6. /
  7. 施工管理 Morimotoさん

塗装も強い会社として業界を引っ張っていきたい

施工管理
営業部 施工管理

Morimotoさん(2023年入社)

関西営業部所属。
塗装会社に勤めていた経験を活かし、現在関西で施工管理者として活躍。

インタビュー

質問1 入社を決めたきっかけを教えください。

前職は、塗装会社に勤めていました。
前の就職時は、何となく建築関係に進んだんですが、塗装会社で働くうちに「建築」が好きになり、もっと建物の構造とか仕組みとかも知りたいなと思うようになりました。

塗装の場合は、外壁を塗る仕事なので、壁を剥がしたり建物の構造を学ぶ機会はあまりありません。
なので、もっと建築自体を深く学べる環境に行きたいという思いがありましたね。

あと、業界の将来性も考えて転職を決めました。
大阪は塗装会社が多くて、この先、壁の品質向上とかで塗装を必要とする需要が減ってきたら、塗装業界がどうなるのか不安がありましたね。
そんな時、出会ったのが昭和ルーフリモでした。

施工管理者

質問2 現在の仕事内容について教えください。

入社して1年目なので、まずは先輩社員の現地調査や現場周りに同行して、実際の仕事を見たり、実践したりしています。
見積書の作成は前職でもやっていたことなので、これまでの経験が活かせることもありますよ。

屋根の施工は、今回が初めてなので、現場を見ながら徐々に学んでいます。
前職の塗装では、職人さんへ細かい指示をすることはほとんど無かったですが、屋根の場合は、どうような施工をしたらこうなるということを伝える必要があるので、現場での経験が大切ですね。
もちろん、分からないことがあれば、先輩社員が教えてくれるので、少しずつ知識を広げているところです。

質問3 これからチャレンジしてみたいことや目標としていることはありますか?

半期を過ぎてから個人予算をもらって、施工管理の業務に取り組んでいます。
なので、まずは「売り上げ達成」が今の目標です。

そのため、予算達成のためにも、工事の提案力をもっとつけていきたいですね。
屋根材だけでも種類が多いので、自分の得意分野だけではなく、他の屋根材も状況に応じて提案できるよう幅を広げていきたいです。
お客様に質問をされてもすぐに答えられるように、自分からお客様へおすすめできるようになりたいです。

施工管理者

質問4 昭和ルーフリモはどのような会社だと思いますか?

会社に対して、これから期待していることがあればお教えください。

昭和ルーフリモは「屋根の施工会社」のイメージがまだ強いと思います。
なのでこれからは、「塗装も強い会社」として、建築業界を引っ張っていけるような会社になって欲しいですね。
前職の経験を活かして、外壁塗装の業務で改革できることは、まだ沢山あると思いますので、これから一緒に頑張っていきたいです。

Morimotoさんの1日

09:00~
出社 拠点で事務作業
10:30~
社用車で現地調査へ
12:30~
お昼休憩
13:30~
工事現場周り
16:00~
拠点で事務作業
18:00~
退社

仕事とお休みのバランスは?

施工管理者

仕事とお休みのバランスはとれていると思います。
工期を考慮しますが、自分の裁量次第でお休みを調整できるので。
お休みの日は、子どもの戦いごっこの相手をしたりしてますよ(笑)。

他のインタビューを読む

施工管理 Nakajimaさん

能力的にも全体的なレベルアップを図っていきたい

営業部 施工管理

Nakajimaさん (2021年入社)

MORE 矢印

施工管理 Ebisawaさん

一棟まるまる自分でできるように早くなりたいなと思っています

営業部 工事課 社員職人

Ebisawaさん (2023年入社)

MORE 矢印

施工管理 Haginoさん

今まで培った足場の知識をみんなに提案してきたい

営業部 施工管理

Haginoさん (2023年入社)

MORE 矢印

施工管理 Morimoto

塗装も強い会社として業界を引っ張っていきたい

営業部 施工管理

Morimotoさん (2023年入社)

MORE 矢印

施工管理 Fujita

若い社員が所長職にも夢を持ってもらえるような会社になってほしい

営業部 施工管理

Fujitaさん (2017年入社)

MORE 矢印